CSR警察行政研究会

CSR警察行政研究会

当研究会は、行政書士を会員として警察行政関係業務及びCSR等を調査研究し、会員に対して啓蒙教育を行い知識、技能を向上させると共に、その成果を広く社会に普及する団体です。

会則 第3条(目的) 当会は、警察行政の研究及びCSR等の研究を行い、警察行政に協力すると共に企業の社会的責任の遂行の為に行政書士として推進協力し、 我が国の安寧秩序の維持と経済社会の発展に貢献し、もって国民の福祉に資することを目的とする

■当研究会の研究及び活動対象の警察行政関係業務とは下記です。
・ 暴力団等対策行政に対する協力
・IPO等のためのCSR、リスク管理
・ 告訴・告発手続等及び刑法、刑事訴訟法等

■研究部会は、総合研究部会、暴力団等対策部会、刑事法研究部会、IPO研究部会、リスク管理研究部会、CSR研究部会

暴力団に関する困りごと相談(警視庁)

不当要求防止責任者講習(警視庁)

 

当研究会の告訴無料相談(対面相談) 

 

新着情報

当研究会は、一般社団法人国際行政書士機構の活動を支援しています。

事務局
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-15-1ノア道玄坂5F
E-mail: csr〇※csr.risk.or.jp(〇※を@に変えて送信下さい)

 

  

行政書士と警察の関係

・行政書士の歴史は、明治の初期に警察代書人として始まり明治時代から市民のために告訴状を作成することを仕事としてきました。行政書士の中には警察OBもかなり多く登録しております。
・更に行政書士は株式上場の為のCSRにも貢献しております。上場のための膨大な書類作成も行政書士の業務です。

国際行政書士機構

12月12日一般社団法人国際行政書士機構が設立されました。外国人の日本におけるビジネス支援と邦人の外国におけるビジネス支援をします。あわせて、経済振興と同時に文化の保存に努めるためユネスコ民間活動にも参加しています。同機構は下記の団体に所属しています。
日本貿易振興機構(ジェトロメンバー JM-22614)
ユネスコ・アジア文化センター(維持会員)
平和の文化東京ユネスコクラブ (賛助会員)